「不死」タグアーカイブ

[DBD]パーク解説/第三の封印の効果と対策方法について。DEAD BY DAYLIGHT/デッドバイデイライト攻略。

スポンサードリンク

【DBD】第三の封印の効果について

第三の封印,DBD,パーク,効果
呪術:第三の封印
英語:Third seal
■殺人鬼パーク(ハグ固有)
■パーク評価:★★★☆☆
■使用率評価:★★☆☆☆
■効果(1/2/3)
呪いのトーテムが活動している間、生存者に通常攻撃が命中すると目眩まし効果を付与する。呪いの効果は最後に攻撃した(2人/3人/4人)に有効。
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する
取得方法①殺人鬼ハグでLv30のティーチャブルパーク解放
②シュラインオブシークレットで期間限定で購入可能
通常攻撃を当てることで、生存者のオーラ可視化を不可能にする第三の封印。ハグの固有パークとなっており、あまり注目されていないパークであったが不死の登場で再注目され使用率が上がったパーク。

呪いのトーテムが存在している限り生存者に攻撃を命中させると目くらまし効果を付与することができる。

状態異常:目くらまし(生存者)オーラを可視表示する能力が失われる
効果発動中は、這いずり状態の生存者/フックに吊られた生存者のオーラを見ることができなくなる。また、生存者同士がオーラを視認出来るパークなども効果を発揮できなくなるので、生存者同士の協力を防ぐことができる。

生存者にとっては他のサバイバーのオーラが見えなくなるので、フックに吊られた生存者や這いずりの生存者を探すのに非常に時間がかかってしまう。発電機の発電を止めざるを得なくなるので、非常に時間のロスが発生してしまう。

【キラー】第三の封印の活用方法は?

①不死との活用が効果的
生存者の目くらまし状態は呪いのトーテムが生き残っている限り有効。そのため、不死との組み合わせが非常に強力。

不死があることによって効果が持続するので、複数の生存者を目くらまし状態にすることによって、より生存者の行動を制限することができる。

②複数の生存者に目くらまし付与で大幅な遅延効果
目くらまし効果は通常攻撃を与えた生存者に付与されるので、複数の生存者を目くらまし状態にすることで大幅な行動制限が可能

ダウンした生存者の居場所を探す時間や、フックに吊るされた生存者のオーラも見えなくなるので、救助の時間を大幅に消耗させることが可能。

複数の生存者が目くらましになることによって、発電機の発電も手を止めざるを得なくなることが多い。

③ノックアウトとの併用で効果を増加させる
第三の封印は呪いのトーテムが生きている限り、攻撃を当てたサバイバーが目くらまし状態になる。また、ノックアウトは這いずり状態の生存者から一定の距離離れている場合、倒れている生存者のオーラが見えなくなる(呪いのトーテムが無しで有効)

そのためノックアウトがあることによって、通常攻撃を当てていない状態や、呪いのトーテムがなくなった状態でも這いずり状態の生存者を探しづらくできる。

呪いのトーテムは無効な時でも、ノックアウトがあることによってオーラ可視化を不能にできる。そのため、複数の生存者をダウンさせるような立ち回りには非常に有効。

【生存者】第三の封印の対策方法は?

①呪いのトーテム破壊が重要
第三の封印がある場合、通常攻撃を当てられた生存者はどんどん目くらまし状態になっていってしまう。

そのため、全サバイバーがお互いの位置を把握できずに全員這いずり状態になってしまう可能性も高い。

呪いのトーテムを破壊し目くらまし効果を解除できることによって、他の生存者にもメリットが非常に大きい。

また、第三の封印+不死とセットで使用しているキラーの場合、呪いのトーテムを破壊して2つのパークを無効化にすれば、生存者側に有利に試合を進めることができる。

②深追い無し+這いずり放置キラーは警戒
第三の封印を活用させたいキラーの場合、①目くらまし効果をばらまく②這いずり状態の生存者を増やすといった行動をすることが多い。

そのため、生存者に攻撃を当てても深追いしなかったり、生存者をダウンさせてもフックに吊らないような行動が見られたら第三の封印で構成している可能性を考慮しよう。

③目くらまし状態は声を頼りに探す

這いずり状態やフックに吊られた生存者はオーラが見えない場合、声や血痕を頼りに探すしかない

第三の封印+不死構成の場合、キラーとしては生存者のダウン状態を増やしたいので、這いずりの生存者から離れていることが多い。

そのため、声や血痕をヒントに這いずりの生存者を助けるのもあり。

スポンサードリンク


■DBD関連記事
【DBD】最新版キラーの一覧&最強ランキング。
【DBD】最新版。全キラーの移動速度一覧表と比較。
【DBD】ゲーム用語と解説一覧。キラー編/生存者編

[DBD/弱体後追記]不死の効果と対策方法について。DEAD BY DAYLIGHT/デッドバイデイライト攻略。

スポンサードリンク

[不死]弱体化の内容について

DBD,不死,弱体化,ナーフ
※2021/1のアップデートで不死の弱体化が告知された。 内容としては下記となっている。

1,呪術トーテムが浄化されたとき、それに紐づく呪術パークが“呪術:不死”の呪術トーテムに転移し、置き換わります。そして“呪術:不死”は無効化されます。この効果により、マッチの最初に呪術トーテムが浄化されたとき無効化されるのは必ず“呪術:不死”となります。
[アプデ前]呪いのトーテムが破壊されると、無力なトーテムに転移していた。そのため、無力なトーテムが残っている限り、呪いのトーテムが破壊されても転移し続ける。
[例:不死+破滅]不死を破壊破滅のみ残る
[例:不死+破滅]破滅を破壊(不死有)無力トーテムに転移
不死は引き続き有効
[例:不死+破滅]破滅を破壊(不死無)破滅が無力化
[アプデ後]呪術トーテムが浄化されると、必ず不死のトーテムに転移する。そのタイミングで不死のトーテムが無くなる。
[例:不死+破滅]不死を破壊破滅のみ残る
[例:不死+破滅]破滅を破壊(不死有)不死のトーテムに転移
不死は無力化
※結果マップ上に破滅のみとなる
[例:不死+破滅]破滅を破壊(不死無)破滅が無力化
2,呪術パークが“呪術:不死”のトーテムに転移するとき、蓄積されているトークンはすべて保持されます。マッチの途中からトークンを最初から再度貯め始める必要はなくなります。
[アプデ前]呪いのトーテムが破壊されたタイミングで蓄積したトークンは0となる。呪いのトーテムは無力なトーテムに再生され、トークンは再度0からとなる。
[アプデ後]呪いのトーテムが破壊され転移してもトークンは維持される。
3,オーラ表示効果は無力なトーテムにのみ適用されます。
[アプデ前]通常トーテム/呪いのトーテム両方でオーラが可視化していた。
[アプデ後]生存者のオーラをを可視化するのは、無力なトーテムのみに適用。

※以下の記事はアプデ前の内容。アプデ後詳細は今後更新予定。

【DBD】不死の効果について

DBD,不死,パーク,キラー殺人鬼,効果,
不死
英語:undying
■殺人鬼パーク(ブライト固有)
■パーク評価:★★★★★
■使用率評価:★★★★★
■効果(1/2/3)
呪術:不死の発動中、いずれかのトーテムの2メートル以内にいる生存者のオーラが4秒/5秒/6秒間視える。
それとは別の呪いのトーテムが浄化されると、その呪術は無力なトーテムに移動し、必要分のトークンが失われる。
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っている限り持続する。
取得方法①殺人鬼ブライトでLv40のティーチャブルパーク解放
②シュラインオブシークレットで期間限定で購入可能
呪いのトーテムが破壊されても、他のトーテムに再度呪いのトーテムが生成される不死

破滅霊障の地、貪られる希望といった呪術系のパークとの相性が良く、特に不死+破滅構成は高ランクキラーでもかなり採用率が高い構成となっている。

効果としては、呪いのトーテムが破壊されたとしても、通常トーテムが残っていれば再び呪いのトーテムが復活し効果が移動するというもの。不死のトーテムが生き残っている限り、他トーテムへの移動は続くが、不死のトーテム自体が破壊されると効果は消えてしまうので注意

また、不死のトーテムは索敵としても非常に優秀。

破滅を警戒して、呪いのトーテムを試合の序盤で破壊しようとする生存者は多い。しかし、不死は呪いのトーテムの2メートル以内に近付くと、生存者のオーラが見えるため生存者を発見しやすい。特に試合序盤の索敵が難しい段階で不死の効果が発動した場合、キラーにとってはかなり有利となるため、索敵パークとしても非常に効果を発揮する。

【キラー】不死の活用方法は?

不死は様々な呪術系のトーテムの組み合わせが可能。特に不死+破滅構成は採用率が高いが、その他の組み合わせも非常に強力。

①不死+破滅構成
破滅■殺人鬼パーク(ハグ固有)
■パーク評価:★★★★★
■使用率評価:★★★★★
■効果(1/2/3)
すべての発電機が呪術:破滅の影響を受ける。生存者による修理が行われていない間、即座に発電機の修理進行が通常の後退速度の(100%/150%/200%)自動的に後退する。
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。
不死+破滅の構成は非常に多い組合せ。呪いのトーテムが移動し続ける限り発電機の遅延効果が継続し、生存者にとって非常に大きなデメリットとなる。

以前は、破滅の効果を警戒し、呪いのトーテムを試合の序盤で破壊する生存者が多かったが、不死の登場で発電機が残り2〜3台となっても破滅の効果が生き残ることが多くなった。

また、呪術系のパーク×不死の組み合わせは非常に効果が強力になるものが多い。

②不死+霊障の地
霊障の地■殺人鬼パーク(スピリット固有)
■パーク評価:★★★★☆
■採用率評価:★★★☆☆
【効果(1/2/3)】
生存者がフックから救助されたと罠が封じられた呪いのトーテムが2個生成される。生存者が罠の呪いのトーテムのいずれかを浄化すると、すべての生存者が(40/50/60)秒間、無防備状態に苦しむ。残りの罠の呪いのトーテムは即座に無力なトーテムになる。
呪いのトーテムが破壊されると全生存者を無防備効果にできる霊障の地破滅を警戒して呪いのトーテムを壊しやすい傾向があるので、試合内で霊障の地の効果は、ほぼ発動させることができる。

ちなみにトーテムは初期でマップ上に5個生成されるが、不死+霊障の地構成の場合、合計3個の呪いのトーテムが生成される。不死1つ+霊障の地2つ。

この構成に呪術系のパークを重ねてしまうとトーテムの上限に達するので呪いのトーテム移動の効果が制限されることに注意しよう。
不死(1つ)+霊障の地(2つ)+破滅(1つ)→マップ上に存在する通常トーテムが1つとなるので霊障の地/破滅のトーテム移動は1回のみとなる。

③不死+貪られる希望
貪られる希望(デボア)■殺人鬼パーク(ハグ固有)
■パーク評価:★★★☆☆
■採用率評価:★★☆☆☆
【効果(1/2/3)】
生存者がフックから救助されたとき、24メートル以上離れていれば、このパークがトークンを獲得する。
・ 2トークン:生存者を吊るしたあと、10秒後に10秒間(3%/4%/5%)の迅速効果を受ける。
・ 3トークン:生存者が無防備効果に苦しむ
・ 5トークン:殺人鬼が自らの手で生存者を殺害できるようになる
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。
効果は非常に強力だが、トークンの蓄積が非常に難しくあまり使用されることが少ない貪られる希望(デボア)

3トークンでワンパン(一撃で生存者ダウン)、5トークンで生存者を殺害できるといった効果があるが、呪いのトーテムが破壊されると無効となるため効果を発揮しずらいパークであった。

不死は呪いのトーテムが破壊されるとトークンが失われてしまうので、不死+破滅、不死+霊障の地などよりは使用頻度が低い。

④不死+第三の封印
呪術:第三の封印■殺人鬼パーク(ハグ固有)
■パーク評価:★★★☆☆
■使用率評価:★★☆☆☆
■効果(1/2/3)
呪いのトーテムが活動している間、生存者に通常攻撃が命中すると目眩まし効果を付与する。呪いの効果は最後に攻撃した(2人/3人/4人)に有効。
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する
通常攻撃を当てることで、生存者のオーラ可視化を不可能にする第三の封印。ハグの固有パークとなっており、あまり注目されていないパークであったが不死の登場で再注目され使用率が上がったパーク。

呪いのトーテムが存在している限り生存者に攻撃を命中させると目くらまし効果を付与することができる。

状態異常:目くらまし(生存者)オーラを可視表示する能力が失われる
効果発動中は、這いずり状態の生存者/フックに吊られた生存者のオーラを見ることができなくなる。また、生存者同士がオーラを視認出来るパークなども効果を発揮できなくなるので、生存者同士の協力を防ぐことができる。



スポンサードリンク

【生存者】不死の対策方法は?

①トーテムの破壊タイミングに注意

呪いのトーテム
不死はキラーで非常に採用率が高くなっているパーク。そのため、キラーがパークとして装備していることは常に意識しておこう。

そのため、ゲームスタート時に呪いのトーテムを発見しても、近づいてしまうとすぐにキラーにオーラを見られてしまうことが多い。

不死を持っている可能性がある場合は、呪いのトーテムを破壊するタイミングに注意。他の誰かがチェイスをしているタイミングや、生存者を担いでいるタイミングで行おう。

②不死+破滅構成かを確認。

ほとんどのキラーで不死+破滅構成をしていることが多いが、発電機を触るタイミングで破滅であるかどうかは一応確認しておこう。発電機を少し発電し、一瞬手を離して火花が散ると破滅を持っているかどうかがわかる。
↑発電機から手を離すと破滅の表示がでる。

破滅を持っていない場合、不死+霊障の地といった構成である可能性も考慮しておこう。

③通常トーテムは破壊しておく

不死+破滅構成は非常に強力で、採用率も高く、生存者が苦戦することも多い。
破滅が移動し続ける限り、発電機の遅延がかなり響いてしまうため時間の浪費が非常に大きくなってしまう。また、発電機が残り少なくなってくると、キラーの周回頻度も高くなり、発電機から手を離すことも増えるためなかなか発電が進まなくなってしまうことも多い。

そのため、不死+破滅構成の場合、通常のトーテムを見つけたタイミングで破壊しておこう。通常のトーテム破壊であれば、キラーにオーラが見つかることもなく、呪いのトーテム破壊時も移動先のトーテムを減らすことができる。

スポンサードリンク


■DBD関連記事
【DBD】最新版キラーの一覧&最強ランキング。
【DBD】最新版。全キラーの移動速度一覧表と比較。
【DBD】ゲーム用語と解説一覧。キラー編/生存者編