「経験点」タグアーカイブ

【花丸高校】投手経験点20,000超えの立ち回りとデッキ解説。|パワプロサクセス攻略

スポンサードリンク

花丸高校の経験点最大化のための立ち回り。

パワプロサクセス「花丸高校」での投手育成の立ち回り。経験点20,000超えを目指すための立ち回りについての解説。

デッキ構成の基本。
重要なロボカードの使い方。
各セクションで意識すべきこと

花丸高校のシステムなど基本的な立ち回りについてはこちら。

デッキ構成の基本。

花丸高校,サクセス,投手,立ち回り,基本,デッキ
花丸高校のデッキ編成で重視したいのは、下記の点。

①得意練習率アップかつ、得意練習2種類持ち。
②変化球or球速で固め、もう1種類の得意練習(スタミナなど)も固める
③タッグボーナスが豊富なテーブルのキャラを並べよう


花丸高校で重要となってくるのが、カードの出来役が良いタイミングでいかに複数タッグで経験点を獲得するかという点。

そのため、得意練習率アップや練習効果アップ、タッグボーナスを持っているキャラが中心となってくる。

複数タッグ狙いで経験点が増加しやすい能力テーブルのキャラは、変化球固めの場合、 盛本[エプロン]夢城、球速固めの場合は、菊度アイラ明神、茂野いずみなど、このようなキャラを中心にデッキ編成を考えていこう

重要なロボカードの使い方。

花丸高校,ロボカード,使い方,効果,
花丸高校のロボカードの効果一覧は下記の通り。
No通常プレミアム
0手札を全て捨てて5枚引く手札を全て捨てて同じカードを5枚生成
1緑=筋力経験点+100
青=技術経験点+100
紫=敏捷/変化球経験点+100
赤=精神経験点+100
全経験点+100
2チームメイトの練習場所をシャッフル得意練習率UPの効果がかかった状態で、チームメイトの練習場所をシャッフル
3体力+50&不眠症を治す体力+100&病気などを治す
41つの練習場所に山札から1枚配置(ランダム)全練習場所に山札から1枚ずつ配置(ランダム)
5このカードをNEXTと入れ替えるNEXTのカードをプレミアムに改造
6手札を全て「6」のカードの色と同じ色に改造手札を全て本カードの色と同じ色の6に改造
71つの練習場所のカードを全て破壊全ての練習場所の全カードを破壊
81つの練習場所の練習Lv1UP全練習場所の練習Lv1UP
9今週のロボ練習効果UP今週のロボ練習効果大UP
この中でも特に活用方法が重要なカードについての下記に解説していく。

スポンサードリンク

「2」チームメイトの練習場所をシャッフル

2チームメイトの練習場所をシャッフル得意練習率UPの効果がかかった状態で、チームメイトの練習場所をシャッフル
名前の通り、チームメイトの練習場所を変える事が出来る。特にカードの出来役がいいにも関わらず、キャラの練習配置が悪い時に使用することが多い。

「4」1つの練習場所に山札から1枚配置

41つの練習場所に山札から1枚配置(ランダム)全練習場所に山札から1枚ずつ配置(ランダム)
4のカードは使い方が非常に重要。1つの練習場所にカードをランダム配置となるが、うまく活用すれば効果の高い練習を生むことが出来る。

例えば下記の練習配置の場合。
↑8(緑)-1(紫)の配置のため、ペアやトリコロールが狙えない時は出来役がなく獲得経験点が低い。

↑変化球練習に「4」のカードを使ってランダム配置してみる

↑6(緑)が配置されたのでフラッシュが狙える配置に変わる。3枚目の1(紫)が邪魔なので処理したい。

↑NEXTの1(紫)は出来役が狙えないのでスクラップで使用、2枚目にある6(緑)で役を狙う

↑8(緑)-6(緑)-6(緑)のペアフラッシュとなったため、獲得経験点が一気に大きくなった。

「6」手札を全て「6」のカードの色と同じ色に改造

6手札を全て「6」のカードの色と同じ色に改造手札を全て本カードの色と同じ色の6に改造
「6」のカードは花丸高校では一番重要なカードとなってくる。このカードは手札のカードを全て同じ色に変えることができる。

カードの色と獲得経験点の関係は下記。
筋力経験点
技術経験点
敏捷/変化球経験点
精神経験点
「6」のカードが強い理由は狙った経験点を大量に稼ぐことができるという点。そのため、緑の6を使えば筋力経験点を大量に稼ぐことができ、青の6を使えば技術経験点を大量に稼ぐことができる。

花丸高校の基本デッキ構成は、得意練習が球速や変化球で固めるデッキ構成となる。そのため、技術経験点が不足することが多いので青の6カードは非常に使えるカードとなる。
↑青の6カードを使用すると

↑残りの手札が全て青=技術経験点となる。

結果的に練習で青のフラッシュが狙いやすくなり、技術経験点が大量に稼げる事となる。

また、色を揃える6カードを使用する事で、シナリオ固有の金持であるジャストフィット(フラッシュを5回達成)も獲得しやすくなる。

「8」1つの練習場所の練習Lv1UP

81つの練習場所の練習Lv1UP全練習場所の練習Lv1UP
8のカードはできる限り序盤で消費しておくように意識しよう。練習レベルをアップするが、後半ではLV5に上がりきっていることもあるため、序盤で多く引ければお得。

また、レベルを上げる練習はメインの得意練習とサブの得意練習のバランスを意識しよう。例えば、変化球固めのデッキの場合、変化球レベルを頻繁に行うことが予想できるので変化球練習はすぐにLV5になる可能性が高い。そのため、サブでタッグを狙っている球速やメンタル練習を上げていくようにしていこう。

「9」今週のロボ練習効果UP

9今週のロボ練習効果UP今週のロボ練習効果大UP
「9」のカードは効果の高いタッグ練習発生時に利用していこう。単純に練習効果をアップしてくれるので、複数タッグ練習が来た時は9を積極的に使っていこう。
↑9カード使用前

↑9カード使用後。獲得経験点に倍率がかかる

このように手札のカードや、練習場所の配置を見て各カードを活用していくことが重要。運の要素もあるが、上手く活用できれば序盤でも大量経験点を稼ぐことができる。

次に各セクションの立ち回りで意識することについての解説。

スポンサードリンク

セクション1の立ち回り

セクション1:目標経験点(3,000以上)

セクション1で3,000近くの経験点を稼ぐ事が出来ればスタートは順調であるが、カードの配置が良ければ2,000点台でも問題ない。

セクション1の序盤ではとにかくチームメイトの評価を上げていこう。花丸高校の経験点獲得のカギは何と言っても複数タッグで経験点を稼ぐこと。そのため序盤からチームメイト評価を上げて、タッグ発生が早いほど獲得できる経験点が増えていく。

また、セクション1ではチームメイト評価が低く、タッグ練習があまり出来ないタイミングである事から、金持条件の怪物球威(スリーカードorスリーセブンを4回達成)、驚異の切れ味(ストレートを4回達成)、ディレドアーム(トリコロールを5回達成)を複数回発生させることも狙っていこう。ジャストフィット(フラッシュ5回)は後半でも狙いやすいので後回しでもOK。

スリーカードやストレートといった珍しい出来役を出すには、あまりお得な練習がないタイミングで、カードを固める練習場所に配置しておくといった動きを意識しよう。

例えば、下記のスタミナ練習と守備練習の場合。
スタミナ練習を選択するとタッグ発生ではあるが、獲得経験点的にはあまり高くない。その場合はすでに3(緑)が配置されている守備練習を行い、守備に3(緑)-3(緑)のカードを配置することを選択する。

あまり守備練習を選択する機会はないが、カードの配置は変更されないのでしばらくターンを消費した後に3(緑)が来たタイミングで、以前配置した守備3(緑)-3(緑)を選ぶことでスリーカードが達成できる。

球速や変化球といった、メインのタッグ練習を行う場所とは別に、あまり選択しない守備練習やメンタル練習に出来役を狙えるカード配置を仕込んでおくことを意識しよう。

セクション2~3

セクション2:目標経験点(8,000以上)
セクション3:目標経験点(13,000以上)

セクション2と3の立ち回りは基本的に同じく、カードの配置を見ながら複数タッグを狙っていくという流れをひたすら行っていく。

特にセクション2以降のタッグが連発できるタイミングで、各カードの効果をうまく使うことが重要。「4(1つの練習場所に山札から1枚配置)」「6(手札のカードを全て同じ色に変更)」がうまくハマれば経験点が大量に獲得できる。

また、セクション2以降で意識していくことは消費するスクラップ状況。
スクラップの残数は常に注意しておこう。あまり使用していない場合はセクション4の6月4週でスクラップが大量に余ってしまう。手札のカードの引きが悪い時は積極的にカードを使っておくように意識しよう。

花丸高校ではセクション2~3の経験点獲得が山場となる。セクション3の残り8ターン以前を目安で開眼できれば強い選手が期待できる。

セクション4

セクション4では6月4週目(残り8ターン後イベント)でカードコマンドが使えなくなるので注意。山札が0になってしまうと投手はガラスのハートを取得してしまうので、合わせて注意が必要。

また、セクション3~4にかけては経験点の偏りに注意してカードを使用していこう。例えば、変化球経験点の偏りが大きい場合、紫カードはなるべくスクラップしていき、他の色のカードを使用していきたい。また、大きく不足している経験点があれば、6のカードを使用していき不足分を補って経験点バランスをよく出来るように調整していこう。



スポンサードリンク

パワプロ関連記事





【花丸高校サクセス】投手育成のテンプレデッキ。経験点大量獲得の育成理論。
戦国高校の経験点大量獲得の立ち回り。シナリオ攻略や金持について。
【パワプロアプリ】[ハートの女王]オクタヴィアの評価とオススメデッキ編成。。
白瀬芙喜子(しらせふきこ)の評価とオススメデッキ編成。
雨崎優輝(あめざきゆうき)の評価とオススメデッキ編成
ゼンザイの評価とオススメデッキ編成。育成にオススメの高校は??
[キング]阿麻央真の評価とオススメデッキ編成。


フリート学園高校の投手おすすめデッキテンプレ。経験点大量獲得のコツ。

スポンサードリンク

フリート学園高校投手オススメデッキ。

①役割バランスデッキ
フリート高校,投手,デッキ,テンプレ,経験点
それぞれの役割をバランス良く固めたデッキ。
フリート高校では、技術・精神ポイントが不足しやすい。 そのため、虹谷・堂江のコントロールコツで技術ポイントの消費を抑えていく。

また、闇野(スナイパー)+美多村(バウンサー)で獲得経験点をバランス良くしたデッキ。美多村の代用は風薙でも可能。

積荷の積み込みは青色(技術)、赤色(精神)を意識していこう。

特に技術ポイントの獲得には苦戦するため、出向先の高校は青色マスの効果が高いところを数多く踏むようにしていこう。
フリート高校,投手,デッキ,テンプレ,経験点,出航,高校,積荷
高校投手野手
パワフル高校青(技術)++
赤(精神)+
青(技術)++
赤(精神)+
黄(全経験点)+
瞬鋭高校緑(筋力)+
紫(変化球)+
赤(精神)+
黄(全経験点)+
紫(敏捷)+
赤(精神)++
黄(全経験点)+
北雪高校紫(変化球)+
赤(精神)++
黄(全経験点)+
青(技術)++
紫(敏捷)+
黄(全経験点)+
SG高校緑(筋力)++
紫(変化球)+
緑(筋力)+
青(技術)+
紫(敏捷)+
覇堂高校紫(変化球)+
黄(全経験点)++
青(技術)+
紫(敏捷)+
赤(精神)++
黄(全経験点)++
太平楽高校緑(筋力)++
青(技術)+
黄(全経験点)+
青(技術)+
赤(精神)++
黄(全経験点)+
ブレインマッスル高校青(技術)++
赤(精神)+
黄(全経験点)+
青(技術)+
赤(精神)++
黄(全経験点)+
くろがね高校緑(筋力)+
青(技術)++
赤(精神)+
黄(全経験点)++
緑(筋力)+
青(技術)++
赤(精神)+
黄(全経験点)++
ダン&ジョン高校青(技術)++
黄(全経験点)++
緑(筋力)++
赤(精神)+
黄(全経験点)+
あかつき大学青(技術)++
赤(精神)+
緑(筋力)+
青(技術)+
赤(精神)+
ヴァンプ高校緑(筋力)+
青(技術)++
赤(精神)+
緑(筋力)+
赤(精神)+
天空中央高校緑(筋力)+
赤(精神)+
黄(全経験点)++
緑(筋力)+
青(技術)++
赤(精神)+
黄(全経験点)++
支良州水産高校紫(変化球)+
黄(全経験点)++
青(技術)+
紫(敏捷)+
黄(全経験点)+
メカニクス産業高校紫(変化球)+
赤(精神)++
緑(筋力)+
紫(敏捷)+
赤(精神)+
鳴響高校緑(筋力)++
紫(変化球)+
青(技術)+
紫(敏捷)+
赤(精神)+
円卓高校緑(筋力)+
青(技術)+
赤(精神)++
黄(全経験点)++
緑(筋力)+
青(技術)++
赤(精神)+
黄(全経験点)++
恵比留高校緑(筋力)+
青(技術)+
紫(変化球)+
緑(筋力)+
紫(敏捷)+
マントル高校緑(筋力)+
紫(変化球)+
黄(全経験点)++
紫(敏捷)+
黄(全経験点)++
青色マス(技術)を効率的に稼ぐことを意識していこう。

青色マス+青色経験点アップ高校へ出航する事で大量の技術経験点を取得することができる。

フリート高校,投手,デッキ,テンプレ,経験点,出航,高校,積荷,パワプロ,サクセス


②バウンサー2枚+真・怪童デッキ
フリート高校,投手,デッキ,テンプレ,経験点,出航,高校,積荷
技術経験点の不足を補うため、バウンサー(青)を2枚入れたデッキ。

また、住田・堂江の金持特殊能力の怪童持ちがいるため、真・怪童の取得を期待できる。堂江・風薙のコントロール上限持ちもいるため、査定の大幅アップも期待できる。

そのほかのオススメフリート投手デッキ。